ソフトウェア利用規約

SoftNeuro®無料トライアル)

 

1条(目的)

本利用規約は、株式会社モルフォ(以下「モルフォ」という。)がユーザーに対し本ソフトウェアの利用を許諾する場合の条件を明確にすることを目的とする。

2条(定義)

本利用規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

① 本契約 ユーザーが本利用規約の条件に同意して申し込み、モルフォが承諾することにより成立するソフトウェア利用許諾契約をいう。

② ユーザー 本ソフトウェアの利用を希望し、本契約成立後は本契約の当事者となる個人又は法人をいう。

③ 本プログラム モルフォが独占的に権利を保有する、「SoftNeuro®」をいう。

④ 本資料 本プログラムに関する資料をいう。

⑤ 本ソフトウェア 本プログラム及び本資料を総称したものをいう。

3条(許諾の範囲)

モルフォは、ユーザーに対し、非商用利用(次の各号の全てを満たすものに限り、以下「本目的」という。)に限り、本契約の有効期間中ユーザーが本ソフトウェアを試用することのできる、非独占的で譲渡不可能な権利(本ソフトウェアを改変する権利は含まない。)を許諾する。

① いかなる形でも対価の支払いを受けないこと

② 営利目的用途の成果物作成を目的としないこと

③ 商業的サービスの提供を目的としないこと

4条(ダウンロード)

ユーザーは、本利用規約記載の条件に同意することにより本ソフトウェアをダウンロードすることができ、モルフォは、ユーザーが本ソフトウェアをダウンロードしたことをもって、ユーザーが本利用規約記載の条件に同意したものとみなすことができる。

5条(禁止行為)

1  ユーザーは本ソフトウェアの全部又は一部を本目的にのみ利用し、本ソフトウェアに関し、次の各号に定める行為を行ってはならない。

①  本契約に違反する行為

② モルフォの知的財産権等の財産的又は人格的な権利を侵害する行為又はこれらを侵害する恐れのある行為

③ モルフォ又は第三者に不利益若しくは損害を与える行為又はその恐れのある行為

④ 法令又は条例等に違反する行為

⑤ 公序良俗に反する行為若しくはその恐れのある行為又は公序良俗に反する恐れのある情報を他のユーザー又は第三者に提供する行為

⑥ 犯罪行為、犯罪行為に結びつく行為若しくはこれを助長する行為又はその恐れのある行為

⑦ 事実に反する情報又は事実に反する恐れのある情報を提供する行為

⑧ モルフォのシステムへの不正アクセス、それに伴うプログラムコードの改ざん、故意に虚偽、通信機器の仕様その他アプリケーションを利用してのチート行為、コンピューターウィルスの頒布その他モルフォの正常な運営を妨げる行為又はその恐れのある行為

⑨ マクロ及び操作を自動化する機能やツール等を使用する行為

⑩  他のユーザーのアカウントの使用その他の方法により、第三者になりすまして本ソフトウェアを利用する行為

2  モルフォは、ユーザーの行為が第1項各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前に通知することなく、以下の各号のいずれか又は全ての措置を講じることができる。

① 本ソフトウェアの利用制限

② 本契約の解除

③ その他モルフォが必要と合理的に判断する行為

6条(権利の留保)

1  本契約は、本ソフトウェアに関する著作権その他一切の知的財産権又はノウハウをユーザー又は第三者に移転するものではない。

2  ユーザーは、モルフォから引き渡された本ソフトウェアにモルフォの著作権表示その他の権利に関する表示が付されている場合、第3条(許諾の範囲)の規定に基づきユーザーが作成する複製物に同様の表示を付さなければならない。

7条(利用の対価)

本契約における、本ソフトウェアの利用の対価は、無料とする。

8条(非保証・免責)

本ソフトウェアの内容について、その完全性、正確性及び有効性等について、モルフォは一切の保証をしない。また、モルフォは、本ソフトウェアの利用に中断、中止その他の障害が生じないことを保証しない。

9条(秘密保持)

1  モルフォ及びユーザーは、本契約の履行に際して知り得た相手方の情報のうち、「秘密」である旨を明示された情報並びに本ソフトウェア及びその複製物の技術上の情報(個人情報は除き、以下総称して「秘密情報」という。)を、開示者の書面による事前の承認を得ない限り、本契約の履行のために知る必要のある自己又は自己の会社法上の子会社の役職員への開示を除き、いかなる第三者に対しても開示し、又は漏洩してはならず、かつ本目的以外の目的に使用してはならない。なお、口頭その他有体物による「秘密」である旨の明示が困難な方法で開示された情報は、開示の際に「秘密」である旨を受領者に告げ、その開示後30日以内に書面により確認された場合のみ秘密情報として取り扱われる。ただし、特定の情報につき次の各号に該当することを受領者が証明し得る場合、その情報は秘密情報から除外される。

① 開示を受け又は取得する前に、既に公知であるか、又は第三者に対する秘密保持義務を負わずに既に受領者が保有していた情報

② 開示を受け又は取得した後に、受領者の責によらないで公知になった情報

③ 正当な権限を持つ第三者から、秘密保持義務を負うことなく受領した情報

④ 開示を受けた情報によらず、受領者が独自に開発又は取得した情報

2  前項の規定にかかわらず、受領者は、裁判所その他の官公署から法令に基づき秘密情報の開示を要請された場合には、その旨を事前に開示者に通知し、対応を協議した上で、必要最小限の範囲で開示することができる。ただし、刑事事件等のために事前に通知することが不可能な場合は、開示後遅滞なくその要請があった旨及び開示内容を開示者に通知すれば足りる。なお、この場合、受領者は、開示する秘密情報につき、秘密情報としての取扱いが受けられるよう最善を尽くさなければならない。

3  受領者は、第三者に秘密情報を開示した場合、その役職員及び第三者に本契約と同様の秘密保持義務を課し、その行為について一切の責任を負う。

4  受領者は、秘密情報について、リバースエンジニアリング、デコンパイル、逆アセンブル等の解析行為をしてはならない。

10条(個人情報の取扱い)

モルフォは、本契約に関する個人情報を、モルフォが定める「プライバシーポリシー(SoftNeuro®無料トライアル)」に基づき取り扱う。

11条(問い合わせ)

1  モルフォは、本ソフトウェアに関するユーザーからの問い合わせに対して回答するよう努める。ただし、法令又は本契約上、モルフォに義務又は責任が発生する場合を除き、回答の義務を負わない。

2  モルフォは、ユーザーからの問い合わせに回答するか否かの基準を開示する義務を負わない。

12条(解除)

1  モルフォは、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当した場合、何ら通知等を要することなく、本契約を解除することができる。

① 登録情報に虚偽の情報が含まれている場合

② ユーザーの相続人等からユーザーが死亡した旨の連絡があった場合又はモルフォがユーザーの死亡の事実を確認できた場合

③ 未成年者が法定代理人の同意なく、本ソフトウェアを利用した場合

④ 成年被後見人、被保佐人又は被補助人が、成年後見人、保佐人又は補助人等の同意なく、本ソフトウェアを利用した場合

⑤ その他モルフォが不適当と判断した場合

2  前項各号に掲げる場合のほか、モルフォは、ユーザーに対して30日前までに事前に通知することにより、本契約を解除することができる。また、ユーザーが本契約の解除を希望する場合、モルフォが定める手続により、本契約を解除することができる。

13条(有効期間)

1  本契約は、20211231日まで有効とする。

2  前項の規定にかかわらず、第8条(非保証・免責)、第15条(権利義務の譲渡等禁止)から第19条(可分性)及びこの条の規定は本契約終了後も有効に存続し、第9条(秘密保持)は本契約終了後3年間有効に存続する。

3  本契約が終了した場合又はモルフォの要求があった場合には、ユーザーは、本ソフトウェアをその複製物を含め破棄し又はモルフォに返還する。

14条(本利用規約の変更)

1  以下の各号のいずれかに該当する場合、モルフォは、民法第548条の4の規定に基づき本利用規約を随時変更することができる。本利用規約が変更された後の本契約には、変更後の本利用規約が適用される。

① 本利用規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき

② 本利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性及びその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

2  モルフォは、本利用規約の変更を行う場合は、変更後の本利用規約の効力発生時期を定め、効力発生時期の2週間前までに、変更後の本利用規約の内容及び効力発生時期を、ユーザーへの電子メールによる通知その他モルフォ所定の方法によりユーザーに周知させなければならない。

3  前二項の規定にかかわらず、前項の本利用規約の変更の周知後にユーザーが本ソフトウェアを利用した場合又はモルフォ所定の期間内にユーザーが解除の手続をとらなかった場合、当該ユーザーは本利用規約の変更に同意したものとみなす。

15条(権利義務の譲渡等禁止)

モルフォ及びユーザーは、相手方の事前の書面による承諾を得ることなく、本契約に基づく権利・義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、担保に供し又は承継させてはならない。

16条(反社会的勢力等の排除)

1  モルフォ及びユーザーは、本契約の成立日において、自己並びに自己の役員及び実質的に経営に関与する者が、暴力団、暴力団員又はこれに準ずるもの(以下「反社会的勢力等」という。)でないこと、反社会的勢力等と社会的に非難されるべき何らの関係・交流(反社会的勢力等に対する資金提供又はそれに準ずる行為を通じて、反社会的勢力等の維持又は運営に協力又は関与することを含む。)も有していないこと、さらに、将来においても反社会的勢力等とかかる関係・交流を持たないことを表明し、保証する。

2  モルフォ又はユーザーにつき、前項で表明、保証した内容に反する事実が生じたときは、相手方は本契約を直ちに解除し、自己に生じた損害の賠償を請求することができる。この場合、その事実が生じた当事者は、相手方に対して損害の賠償を請求することができない。

17条(協議事項)

本契約に定めのない事項又は本契約の条項の解釈に関する疑義が生じた場合、モルフォ及びユーザーは誠意をもって協議し、これを解決する。

18条(準拠法及び合意管轄)

本契約の準拠法は、日本法とする。本契約から又はこの契約に関連して、当事者の間に生ずることがある全ての紛争、論争又は意見の相違は、一般社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って、日本国東京において仲裁により最終的に解決される。

19条(可分性)

本利用規約の規定のうちいずれかが関連法令又は裁判所の判断に基づいて無効又は実施不可能とされた場合でも、本利用規約の残りの規定は有効に存続する。

 

以上

 

 

 


序文

モルフォのプライバシーポリシーについて

モルフォは、ユーザーのプライバシーを尊重し、ユーザーの個人データを保護することを約束します。このプライバシーポリシーは、ユーザーが当社のWebサイトを訪問された際に(ユーザーがどこにアクセスするかを問いません。)、ユーザーの個人データをどのように管理するか、ならびにユーザーのプライバシー権および法律がユーザーをどのように保護するかをユーザーに通知するものです。

1.            重要な情報とモルフォについて

本プライバシーポリシーの目的

本プライバシーポリシーは、モルフォが本Webサイトを利用して個人データを収集し、処理する方法についての情報を提供することを目的としています。これには、「SoftNeuro®無料トライアル」を利用する際に本Webサイトを通じて提供することができるデータも含まれます。

Webサイトは、子供向けのものではなく、子供に関するデータを知りながら収集するものではありません。

管理者

モルフォは、「管理者」であり、ユーザーの個人データ(本プライバシーポリシーにおいて「モルフォ」または「当社」と総称されます。)に責任を負います。

当社は、本プライバシーポリシーに関する質問を監督する責任者として、データ・プライバシー・マネージャーを任命しました。本プライバシーポリシーに関して、法的権利の行使の要求を含む疑問がある場合は、下記の詳細を使用してデータ・プライバシー・マネージャーにご連絡ください。

連絡先データ

本プライバシーポリシーに関してご質問がある場合は、以下の方法で当社のデータ・プライバシー・マネージャーに連絡してください:

お問い合わせフォーム:https://www.morphoinc.com/contact/other

プライバシーポリシーの変更および個人データの変更を当社に通知する義務

当社はプライバシーポリシーを定期的に見直しています。このバージョンは、202181日に最終更新されました。

当社がユーザーに関して保有する個人データは、正確かつ最新のものであることが重要です。当社との関係がある間は、ユーザーの個人データが変更された場合には必ずご連絡ください。

サードパーティへのリンク

Webサイトには、サードパーティのWebサイト、プラグイン、アプリケーションへのリンクが含まれている場合があります。これらのリンクをクリックするか、接続を有効にすると、第三者がデータを収集したり共有したりできる場合があります。当社は、これらのサードパーティのWebサイトを管理せず、それらのプライバシーステートメントに責任を負いません。当社のWebサイトを離れる際には、訪問するすべてのWebサイトのプライバシーポリシーを読むことをお勧めします。

2.            当社が収集するデータ

個人データ又は個人情報とは、個人に関する情報であって、その個人を識別することができるものをいいます。識別性が削除されたデータ(匿名データ)は含まれません。

当社は、当社が以下のようにグループ化した、ユーザーに関する様々な種類の個人データを収集、使用、保管および転送することができる:

·       IDデータには、名、旧姓、姓、ユーザー名または類似の識別子、肩書、生年月日、顔を含む写真またはムービー、および性別が含まれます。

·       連絡先データには、請求先住所、配送先住所、電子メールアドレスおよび電話番号が含まれます。

·       財務データには、銀行口座および支払カードの詳細が含まれます。

·       取引データには、ユーザーとの間の支払いの詳細およびユーザーが当社から購入したその他の製品およびサービスの詳細が含まれます。

·       技術データには、インターネットプロトコル(IP)アドレス、ログインデータ、ブラウザのタイプとバージョン、タイムゾーンの設定と場所、ブラウザのプラグインのタイプとバージョン、オペレーティングシステムとプラットフォーム、およびユーザーが本Webサイトにアクセスするために使用するデバイス上のその他の技術が含まれます。

·       プロフィールデータには、ユーザー名とパスワード、ユーザーによる購入または注文、関心、好み、フィードバック、アンケートの回答が含まれます。

·       使用状況データには、当社のWebサイト、製品およびサービスの使用方法に関する情報が含まれます。

·       マーケティングおよびコミュニケーションデータには、当社および第三者からマーケティングを受ける際のユーザーの好み、ならびにユーザーのコミュニケーションの好みが含まれます。

また、統計データ、人口統計データなどの集計データも、目的に応じて収集、使用、共有しています。集計データは、ユーザーの個人データから得ることができますが、このデータは直接的または間接的にユーザーの身元を明らかにするものではないため、法律上の個人データとはみなされません。たとえば、使用状況データを集計して、特定のWebサイト機能にアクセスするユーザーの割合を計算できます。ただし、直接的または間接的にユーザーを識別できるように、当社が集計データをユーザーの個人データと結合または接続する場合、当社は、当該結合されたデータを、本プライバシーポリシーに従って使用される個人データとして取り扱います。

当社は、ユーザーに関するいかなる個人データの特別なカテゴリー(これには、ユーザーの人種または民族、宗教または哲学的信条、性生活、性的指向、政治的意見、労働組合員資格、健康に関する情報、および遺伝情報および生体情報に関する詳細が含まれます。)も収集しません。また、私たちは、刑事上の有罪判決や犯罪に関するいかなる情報も収集していません。

個人データの提供を怠った場合

当社が法律または当社がユーザーとの契約条件に基づき個人データを収集する必要があり、かつユーザーが要求に応じて当該データを提供しない場合、当社は、当社がユーザーと締結しているまたはユーザーと締結しようとしている契約を履行することができない可能性があります(例えば、商品またはサービスをユーザーに提供すること)。この場合、当社は、ユーザーがお持ちの製品またはサービスを取り消さなければならない場合がありますが、その場合、当社はユーザーに通知します。

3.            個人データはどのように収集されていますか?

当社では、以下を含む様々な方法を使用して、ユーザーからデータを収集しています:

·       直接的なやり取り ユーザーは、ユーザーのIDデータ、連絡先データおよび財務データを、フォーム入力で、または郵便、電話、電子メールその他により当社とやり取りすることにより、当社に提供することができます。これには、以下の場合にユーザーが提供する個人データが含まれます:

·       当社の製品またはサービスを申し込む場合。

·       Webサイトでアカウントを作成する場合。

·       当社のサービスまたは出版物を定期購入する場合。

·       マーケティング資料の送付を希望する場合。

·       コンクール、プロモーション、アンケートに参加する場合。

·       当社にフィードバックまたは連絡する場合。

·       自動化された技術またはやり取り 当社のWebサイトを通じたやり取りに際して、当社は、ユーザーの機器、ブラウジングの動作およびパターンに関する技術データを自動的に収集します。この個人データは、Cookie、サーバログ、およびその他の類似技術を使用して収集します。

·       第三者または公的に入手可能な情報源 当社は、以下に記載するように、様々な第三者および公的情報源からユーザーに関する個人データを受領します:

o   下記の者からの技術データ:

(i)          Googleのようなアナリティクス・プロバイダー

o   技術、決済および配信サービスの提供者からの連絡先データ、財務データおよび取引データ。

o   データ取扱事業者または情報収集サイトからのIDデータおよび連絡先データ。

o   公的に入手可能な情報源からのIDデータおよび連絡先データ。

4.            個人データの利用方法

当社は、法律により認められる場合に限り、ユーザーの個人データを使用します。主に、当社は、以下の状況においてユーザーの個人データを使用します:

·       当社がユーザーと締結しようとしている、または締結した契約を履行する必要がある場合。

·       当社または第三者の正当な利益のために必要であり、かつユーザーの利益および基本的権利がこれらの利益に優先しない場合。

·       法的義務を遵守する必要がある場合。

個人データの処理の法的根拠の詳細は、以下のとおりです。当社は、以下の少なくとも1つが適用される場合に限り、個人情報を処理することができます。

·       ユーザーが1つ以上の特定の目的のために個人情報を処理することに同意した場合。

·       ユーザーが当事者である契約の履行のため、または契約を締結する前にユーザーの要求に応じて手順を踏むために処理が必要である場合

·       当社が従うべき法的義務の遵守のために処理が必要な場合。

·       ユーザーまたは他の自然人の重要な利益を保護するために処理が必要である場合。

·       公共の利益または当社に与えられた公権力の行使のために実施されるタスクの遂行に必要な場合。

ユーザーは、撤回前の同意に基づく処理の合法性に影響を与えることなく、いつでも上記の同意を撤回する権利、および監督官庁に苦情を申し立てる権利を有します。

また、一般的に、ユーザーの個人データを処理するための法的根拠としての同意に依拠することはありませんが、第三者のダイレクトマーケティングに関する電子メール等をユーザーに送付する前に、ユーザーの同意を得ることにしています。ユーザーは、当社に連絡することにより、いつでもマーケティングについての同意を撤回する権利を有します。

個人データの利用目的

ユーザーの個人データについて、あり得るすべての利用方法、および当社が各方法について依拠している法的根拠は、下記の表のとおりです。また、必要に応じて、当社の正当な利益が何であるかを特定しました。

なお、当社は、ユーザーのデータを使用している特定の目的に応じて、ユーザーの個人データを複数の合法的根拠に基づいて処理する場合があります。下記の表に複数の法的根拠が記載されている場合、ユーザーの個人データを処理するために当社が依拠している特定の法的根拠についての詳細が必要な場合、当社にご連絡ください。

目的・活動

データの種類

処理の法的根拠(正当な利益の基礎を含む)

新規顧客として登録するため

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

ユーザーとの契約の履行

以下を含むユーザーの注文を処理し、引き渡すため:

(a) 支払い、手数料および料金の管理

(b) 当社が負担した金銭の回収

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) 財務データ

(d) 取引データ

(e) マーケティングおよびコミュニケーションデータ

(a) ユーザーとの契約の履行

(b) 当社の正当な利益のための必要性(当社の債権を回収するため)

以下を含む当社とユーザーとの関係を管理するため:

(a) 利用規約またはプライバシーポリシーの変更についてユーザーに通知する場合

(b) レビューやアンケートを依頼する場合

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) プロフィールデータ

(d) マーケティングおよびコミュニケーションデータ

(a) ユーザーとの契約の履行

(b) 法的義務の遵守の必要性

(c) 当社の正当な利益のための必要性(記録を最新に保ち、顧客が当社の製品/サービスをどのように使用しているかを調査するため)

ユーザーが懸賞や競技に参加したり、アンケートに回答するため

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) プロフィールデータ

(d) 使用状況データ

(e) マーケティングおよびコミュニケーションデータ

(a) ユーザーとの契約の履行

(b) 当社の正当な利益のための必要性(顧客が当社の製品/サービスをどのように使用しているかを調査し、製品/サービスを開発し、当社の事業を成長させるため)

当社の事業および本Webサイトの管理および保護(トラブルシューティング、データ分析、テスト、システム保守、サポート、報告およびデータのホスティングを含みます。

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) 技術データ

(a) 当社の正当な利益のための必要性(当社の事業運営、管理およびITサービスの提供、ネットワークセキュリティ、不正行為の防止、および事業再編またはグループ再編の実施に伴うもの)

(b) 法的義務の遵守の必要性

関連するWebサイトのコンテンツおよび広告をユーザーに配信し、当社がユーザーに提供する広告の有効性を測定または理解するため

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) プロフィールデータ

(d) 使用状況データ

(e) マーケティングおよびコミュニケーションデータ

(f) 技術データ

当社の正当な利益のための必要性(顧客が当社の製品/サービスをどのように使用しているかを調査し、製品/サービスを開発し、当社の事業を成長させ、当社のマーケティング戦略を知らせるため)

当社のWebサイト、製品/サービス、マーケティング、顧客関係や顧客体験の改善を目的としてデータ分析を使用するため

(a) 技術データ

(b) 使用状況データ

当社の正当な利益のための必要性(当社の製品およびサービスに対する顧客のタイプを定義し、当社のWebサイトを最新かつ適切に保ち、当社の事業を発展させ、当社のマーケティング戦略を知らせるため)

ユーザーにとって関心のある商品またはサービスについて、ユーザーに提案・推奨するため

(a) IDデータ

(b) 連絡先データ

(c) 技術データ

(d) 使用状況データ

(e) プロフィールデータ

(f) マーケティングおよびコミュニケーションデータ

当社の正当な利益のための必要性(製品/サービスの開発、事業の拡大)

マーケティング

当社は、特定の個人データの利用、特にマーケティングおよび広告に関する利用について、選択肢をユーザーに提供するよう努めます。

プロモーションオファー

当社は、ユーザーのIDデータ、連絡先データ、技術データ、使用状況データおよびプロフィールデータを利用して、ユーザーが望むかもしくは必要とされていると思われるもの、またはユーザーが関心があると思われるものに関する見解を形成することがあります。当社では、どの製品、サービスおよびオファーがユーザーに関連するかをこのように決定します(「マーケティング」といいます。)。

ユーザーは、ユーザーが当社からの情報を要求した場合、または当社から商品もしくはサービスを購入した場合、およびユーザーが当該マーケティングの受領をオプトアウトしなかった場合、当社からマーケティング・コミュニケーションを受領します。

サードパーティ・マーケティング

当社は、ユーザーの個人データをマーケティング目的で第三者と共有する前に、ユーザーの明示的なオプトイン同意を取得します。

オプトアウト

ユーザーは、いつでも当社に連絡することにより、当社または第三者に対し、マーケティング・メッセージの送付を中止するよう要求することができます。

これは、ユーザーがこれらのマーケティング・メッセージの受領を拒否した場合、製品/サービスの購入、保証登録、製品/サービスの体験その他の取引の結果として当社に提供された個人データには適用されません。

Cookie

ブラウザを設定して、全部または一部のCookieを拒否したり、WebサイトがCookieを設定またはアクセスしたときに警告したりすることができます。Cookieを無効化または拒否する場合、本Webサイトの一部の部分がアクセス不能になったり、正常に機能しなくなったりすることがありますので、ご注意ください。

Googleアナリティクス

当社では、本サイトの利用状況を「Googleアナリティクス」で収集しています。Googleアナリティクスでは、利用者が本サイトを訪問する頻度、訪問時に訪問したページ、訪問前に利用した他のサイトなどの情報を収集しています。Googleアナリティクスから入手した情報は、本サイトの改善にのみ利用しています。Googleアナリティクスは、あなたの名前や他の識別情報ではなく、本サイトにアクセスした日にあなたに割り当てられたIPアドレスのみを収集します。当社は、Googleアナリティクスを利用して収集した情報と個人を識別できる情報を照合しません。Googleアナリティクスは、Webブラウザ上に永続的なCookieを作成し、本サイトに次回アクセスしたときに一意のユーザーとして識別しますが、CookieGoogle以外の誰にも使用できません。Googleアナリティクスによる情報の収集と処理方法については、こちらのサイト(「GOOGLE のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の GOOGLE による使用」)を参照してください。ブラウザでクッキーを無効にすることで、Googleアナリティクスが本サイトの再訪問時にあなたを認識するのを防ぐことができます。

利用目的の変更

当社は、ユーザーの個人データを、当社が収集した目的のためにのみ使用します。ただし、当社が別の理由でそれを使用する必要があり、その理由が当初の目的に適合すると合理的に判断する場合はこの限りではありません。新しい目的のための処理が当初の目的とどのように適合しているかについての説明をご希望の方は、当社までご連絡ください。

当社がユーザーの個人データを無関係の目的のために使用する必要がある場合、私たちはユーザーに通知し、そのように使用することが許される法的根拠を説明します。

なお、当社は、法律により義務付けられている場合や許可されている場合、上記の規定に準拠して、ユーザーの認識または同意なしに、ユーザーの個人データを処理することがあります。

5.            個人データの開示

当社は、ユーザーの個人データを、上記の表「当社がユーザーの個人データを使用する目的」に定める目的のために、以下に記載する者と共有することができます。

·       当社の事業または資産の一部を売却、譲渡または合併することを当社が選択する可能性のある第三者。また、他の事業の買収や合併を模索することもあります。当社の事業に変更が生じた場合、事業を引き継いだ法人等は、本プライバシーポリシーに定める方法と同じ方法で、ユーザーの個人データを使用することができます。

当社は、すべての第三者に対し、ユーザーの個人データの安全を尊重し、それを法律に従って取り扱うことを要求します。当社は、当社の第三者サービス提供者がユーザーの個人データを自己の目的のために使用することを許可せず、かつ、それらが特定された目的のために、かつ当社の指示に従ってユーザーの個人データを処理することのみを許可します。

6.            国際移転

当社は、ユーザーの個人データを日本国外に転送しません。

7.            データセキュリティ

当社は、ユーザーの個人データが偶然に紛失、不正に使用またはアクセスされ、改変されまたは開示されることを防止するために、適切なセキュリティ対策を講じています。上記に加え、当社は、ユーザーの個人データへのアクセスを、業務上知る必要のある従業員、代理人、委託先その他の第三者に限定しております。当該第三者は、当社の指示に基づいてユーザーの個人データを処理するのみであり、かつ秘密保持義務を負っています。

当社は、疑わしい個人データの侵害に対処するための手続を整備し、当社が法的に要求される場合、侵害があったことをユーザーおよび該当する規制当局に通知します。

8.            データ保持

個人データの保持期間

当社は、ユーザーの個人データを、当社が当該データを収集した目的(法律、規制、税務、会計または報告の要件を満たす目的を含みます。)を達成するために合理的に必要な期間に限り、保持します。当社は、クレームが発生した場合、または当社とユーザーとの関係に関して訴訟の可能性があると当社が合理的に判断した場合、ユーザーの個人データをより長期間保持することがあります。

個人データの適切な保持期間を決定するために、当社は、個人データの量、性質および機微性、ユーザーの個人データの不正使用または開示による被害の潜在的リスク、当社がユーザーの個人データを処理する目的および当社がその他の手段を通じてそれらの目的を達成できるか否か、ならびに適用される法律、規制、税務、会計またはその他の要件を考慮します。

状況により、ユーザーのデータを削除するよう当社に依頼することができます。詳細は、下記の[ユーザーの法的権利]をご覧ください。

状況により、当社は、ユーザーの個人データを調査または統計的目的のために匿名化(ユーザーとの関連付けができなくなるように)します。その場合、当社は、ユーザーに通知することなく、この情報を無期限に使用することができます。

9.            ユーザーの法的権利

特定の状況下では、ユーザーは、ユーザーの個人データに関して、以下のようなデータ保護法に基づく権利を有します:

·       [個人データへのアクセスの請求]

·       [個人データの訂正の請求]

·       [個人データの消去の請求]

·       [個人データの処理に対する異議申立て]

·       [個人データの処理の制限の請求]

·       [個人データの転送の請求]

·       [同意を撤回する権利]

 

上記の権利の行使をご希望の場合は、当社までご連絡ください。

通常、手数料は不要です。

個人データにアクセスするために(または他の権利を行使するために)料金を支払う必要はありません。ただし、ユーザーの要求が明らかに根拠のないもの、反復的なものまたは過剰なものである場合、当社は合理的な料金を請求することができます。また、このような状況では、お客様のご要望にお応えできない場合があります。

ユーザーからのご要望

当社は、ユーザーの身元を確認し、ユーザーがご自身の個人データにアクセスする権利(またはユーザーのその他の権利の行使)を保証するために、ユーザーに特定の情報を要求する必要がある場合があります。これは、個人データを受領する権利のない者に個人データが開示されないようにするためのセキュリティ対策です。また、当社の対応を迅速化するために、ユーザーのご要望に関連するさらなる情報をお聞きするために、ユーザーにご連絡することがあります。

対応期限

当社は、正当な請求には1ヶ月以内に対応するよう努めています。ユーザーの請求が特に複雑な場合、またはユーザーが多数の請求を行った場合、1ヶ月を超える時間がかかる場合があります。この場合、当社はユーザーに通知し、最新の情報を提供します。